ミドルイースタン(中近東風)チキンライス

ロサンゼルスには中近東風のレストランが多く、とてもトレンディーな食の一つです。この中近東のスパイスをたくさん使って作る、アロマティックなこのチキンライスは我が家でも好評で、娘のお友達にも大人気です。


材料:4人分


スパイスラブ:

オールスパイス 小さじ2

ブラックペッパー 小さじ1

カルデマン 小さじ1/2

タメリック(ウコン) 小さじ1/4

鳥モモ肉 6枚

塩 少々

エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1

タマネギ 200cc (タマネギ半個程度)

ニンジン 2本

ひよこ豆 200cc

バスマティライス* 400cc(またはロンググレインのタイ米など)

オールスパイス 小さじ半

カルデマン 小さじ1/4

ローリエ 1枚

シナモンスティック 2本

チキンブロス 400ml(またはチキンブイヨン)

バーベリー** 大さじ1(オプショナル)

香菜 飾り付け用

  1. まずはスパイスでドライラブを作ります。小さなボウルに全てのスパイスラブ用のスパイスをいれ混ぜ合わせます。ラブ(rub)とはこするという意味で、ドライラブとは肉や魚にスパイスのミックスで味付けをすることを指します。

  2. 鶏肉を半分に切り、塩を全体にかけ、スパイスのミックスを鶏肉両面につくようにかけてゆきます。10分程室温でおいておきます。

  3. その間にタマネギとニンジンを1cm程の厚さの角切りにします。

  4. ダッチオーブン(または底の厚い、蓋のある鍋)にエクストラバージンオリーブオイルをしき、中火強で鍋をあたためます。

  5. 鶏肉を鍋に入れ、両面が狐色になる程度に焼きます(両面3、4分程度)。鶏肉を一度鍋から皿に取り出します。こちらはまた後で鍋に戻します。

  6. 【5】にタマネギ、ニンジンを入れ、数分炒めます。次にひよこ豆とライスを加え、塩を少々と、小さじ半のオールスパイス、小さじ1/4のカルデマンを加え混ぜ合わせます。

  7. 鶏肉をライスの間に埋め込むようにして鍋に戻し、シナモンスティック、ローリエ、チキンブロスを加え、塩とブラックペッパーを少々足し、一度に立たたせます。

  8. 弱火にし、 20分程蓋をして調理します。バーベリーをのせ、香菜を飾って出来上がりです。


*バスマティライスは洗って、水に10分ほどつけておき、その後水を切っておく。

**バーベリーとは中近東のライス料理に良く使われる酸味のあるベリーで、ゴージーベリーと味も見かけも似ています。バーベリーはこのチキンライスに本格的な中近東風味を足しますが、入手が困難であれば無しでも十分美味しいです。


このレシピの動画はこちらから。